2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

 【07//2017】

DSC04412_01_01.jpg


DSC04414_01.jpg



とてもリアルで面白いコメントをいただきましたので勝手ですがここの場所に載せさせていただきました。

ごめんなさいね。

河川敷で夕涼みをしていると三脚を持ってうろうろしている女性がいました。
足元が悪いので三脚が上手く置けないようでした。
写真撮ってあげようかと声を掛けました。
女性と思っていましたがオカマさんでした。
しまったと思いましたがもう後には引けません。
最初はおとなしいポーズでしたが段々とみだらになっていきました。
股を開けてスカートの中が見えるようになりました。
パンティーの前はしっとりと濡れています。

私は理性を失いました。
オカマを押し倒しました。
騒ぐといけないのでキスをするとベロを絡めてきました。
チュウチュウと吸い唾液の交換もしました。

胸をまさぐりました。
乳首が立っています。
きつく摘まんでねじったり引っ張ったりしました。

パンティーからは小さいながらもおチンポがはみ出ています。
そのおチンポを咥えました。
オカマのチンポほ咥えるなんて今まで考えたこともありませんでした。

オカマは私のチンポにむしゃぶりつきました。
今まで経験したことのない大きさになりました。
オカマはお尻の穴を見せつけました。
ぬるぬるとして暗闇で光っています。
迷うことなくその穴にチンポを当てました。
するっと吸われるように中まで入っていきました。
気が付くと二人とも腰を振っていました。
ずぼすぼ、くちゅくちゅ、ぱんぱんと形容しがたい音が暗闇に響きました。
とうとうオカマのお尻の穴で果ててしまいました。
チンポを抜くと今まで見たことがないくらいの精液がおかまのお尻の穴から流れ出てきました。

なんということでしょう。
オカマのお尻の穴にチンポを入れてしまい射精してしまったのです。
呆然としているとオカマはにっこりとして私のチンポを口で奇麗にしてくれました。尿道に残っている精液も吸い尽くしてくれました。

「オカマの美紀て言うのよ。ブログを見てね。」

気が付くと明るい街の中に居ました。
夢を見ていたのでしょうか。

ブログを見て夢ではなく現実であることが分かりました。
ブログの写真は私が撮影したものです。

もう女のおマンコではなくこのオカマのアナルが忘れることができなくなりました。
もう一度逢いたい。
もう一度アナルマンコがしたい。
今度はホテルで逢いたい。
朝から晩まで一日中抱き合いたい。

女よりも素晴らしいアナルマンコの美紀に逢いたい。

             By  河川敷の男


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Category: 未分類

Comments (1)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Comments

河川敷で夕涼みをしていると三脚を持ってうろうろしている女性がいました。
足元が悪いので三脚が上手く置けないようでした。
写真撮ってあげようかと声を掛けました。
女性と思っていましたがオカマさんでした。
しまったと思いましたがもう後には引けません。
最初はおとなしいポーズでしたが段々とみだらになっていきました。
股を開けてスカートの中が見えるようになりました。
パンティーの前はしっとりと濡れています。

私は理性を失いました。
オカマを押し倒しました。
騒ぐといけないのでキスをするとベロを絡めてきました。
チュウチュウと吸い唾液の交換もしました。

胸をまさぐりました。
乳首が立っています。
きつく摘まんでねじったり引っ張ったりしました。

パンティーからは小さいながらもおチンポがはみ出ています。
そのおチンポを咥えました。
オカマのチンポほ咥えるなんて今まで考えたこともありませんでした。

オカマは私のチンポにむしゃぶりつきました。
今まで経験したことのない大きさになりました。
オカマはお尻の穴を見せつけました。
ぬるぬるとして暗闇で光っています。
迷うことなくその穴にチンポを当てました。
するっと吸われるように中まで入っていきました。
気が付くと二人とも腰を振っていました。
ずぼすぼ、くちゅくちゅ、ぱんぱんと形容しがたい音が暗闇に響きました。
とうとうオカマのお尻の穴で果ててしまいました。
チンポを抜くと今まで見たことがないくらいの精液がおかまのお尻の穴から流れ出てきました。

なんということでしょう。
オカマのお尻の穴にチンポを入れてしまい射精してしまったのです。
呆然としているとオカマはにっこりとして私のチンポを口で奇麗にしてくれました。尿道に残っている精液も吸い尽くしてくれました。

「オカマの美紀て言うのよ。ブログを見てね。」

気が付くと明るい街の中に居ました。
夢を見ていたのでしょうか。

ブログを見て夢ではなく現実であることが分かりました。
ブログの写真は私が撮影したものです。

もう女のおマンコではなくこのオカマのアナルが忘れることができなくなりました。
もう一度逢いたい。
もう一度アナルマンコがしたい。
今度はホテルで逢いたい。
朝から晩まで一日中抱き合いたい。

女よりも素晴らしいアナルマンコの美紀に逢いたい。

Posted at 14:17:07 2017/09/07 by 河川敷の男

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する